注意点も多い

オートロックシステムの注意点として挙げられるのは、停電時に建物への出入りが困難になってしまうことや、郵便ポストに行く時にも鍵をかける必要がある点、暗証番号を覚えるのが面倒である点、防犯意識が低くなってしまいがちな点などとなります。オートロックと言うとハイテクで安心感もあるようにも思えますが、その実、入居者しか建物の内に入ることができないわけではありません。マンションの裏側から通路に侵入できるような構造をしていれば泥棒も簡単に入ることが可能ですし、入居者の誰かがエントランスに入ったのと同時に素知らぬ顔で後ろからついて行けば誰でも簡単に入れてしまいます。管理人がエントランスに常駐していれば防犯効果もある程度高まりますが、人を置いておくということは更に費用が発生することになりますので維持費がかかってしまいがちになります。

このようにオートロックを導入する費用に対してメリットがあまり無いのも事実です。建物の高付加価値化はでき、入居者が増えるかもしれませんが、それ以上に注意点も多いため、導入に踏み切れずにいる管理人の方が多いのも事実なのです。メリットとデメリットを考慮して、バランスを考えた上でオートロックシステムを導入するようにしてください。